通販ソリューション

右肩上がりで成長を続けるEC市場 ———。とりわけ、その中核を担っているのが通信販売(いわゆる「通販」)です。
商品情報の検索から比較検討、購入に至る全てのプロセスを簡単なクリック操作で行うことが出来るようになり、ダイレクトマーケティングの設計もそれらを踏まえて行うことが必要となりました。

JPメディアダイレクトでは、通販事業の事業戦略策定から通販サイトの構築、倉庫作業や物流の手配、さらにネット通販ショップのオープン後の運用フローや販売促進のお手伝いまで、一連のタスクをワンストップで、あるいは必要なパートだけを切り出して、お客さまの課題やご要望に合わせたソリューションを提供いたします。

BtoC-ECの市場規模およびEC化率の経年推移
リアルの悩み[・リテールの価格表層 ・PBの台頭] > お客様の課題 < デジタルの悩み [・参入障壁の低下 ・有効施策の短期間化]

JPメディアダイレクトの通販ソリューションがワンストップでサポート

通販サイトを始めたい

競合ひしめく通販市場では、サイト流入状況の把握はもとより、カート落ちの原因分析や対応策の検討など、データの分析ノウハウや競合との差別化戦略が求められます。初めて通販サイトを始める際、手探りの施策では目標達成が難しく、最適な戦略とプラットフォームを入念に用意する準備期間が肝要です。

JPメディアダイレクトの通販ソリューションは日本郵便や電通と連携し、通販事業への参入を計画している通販事業者様とともに、戦略策定、サイト構築、物流整備、プロモーションプランの策定・実施まで、全てをワンストップでサポート致します。

dentsu[マーケティング、クリエイティブ、コンサルティング]←→JPメディアダイレクト[デジ×アナ設計、制作体制]←→日本郵便[物流拠点、郵便局と配送インフラ]

通販チャネルのスタートをワンストップで支援

戦略策定

通販サイトを始める上で、最も重要なのは戦略です。
既存チャネルにおける販売データや競合情報を分析し、ターゲット選定やポジショニングの材料を収集。
競合の勢力図の中、どのようにシェアを築いていくかについて戦略を策定します。

既存データ分析 競合分析

シェア獲得の戦略決定(ターゲット・ポジショニング)

なかでも新規のお客さま獲得のフェイズと、顧客化した後の囲い込みフェイズ(いわゆるCRM)の両輪で回していくことが、通販ビジネスを円滑に拡大させていくことのポイントとなります。また、通販は「初期投資をその後の顧客拡大・LTV(ライフタイムバリュー)の増大によって賄い黒字化を目指す」事業モデルと言われています。黒字化に向けた中長期の複数年にわたる事業計画の策定も重要な戦略事項となります。
JPメディアダイレクトは、そうした事業モデルの策定領域に於いてもパートナーとしてお役にたちます。

デュアルファネルソリューションの図

サイト構築

戦略が決定したら、プラットフォームの設計作業に入ります。競合サイトや自社のブランディング、商品にマッチする通販サイトとして消費者目線で魅力あるコンテンツの作成や遷移フロー設計が重要です。サイト設計から、ショッピングカートシステムの選定、決済方法の確率や公開に至るまでの各制作領域のフェイズにおいてサポート致します。
ユーザビリティが高く、運営コストを抑えられる、ハイパフォーマンスな通販サイト構築を実現します。

  • サイト設計
  • カート選定
  • デザイン
  • 決済方法決定
  • 開発
  • 公開

物流フローの構築

お客さまが希望商品をカートに入れ、決済を確定しても、通販事業が終わるわけではありません。決済後こそ、通販事業者にとってお客さまとの絆(エンゲージメント)が形成されます。届いた商品が破損していたり、同梱したパンフレットが折れているなど、お客さまが快く思わないようなことが起きては、せっかくの関係性にひびが入ります。また配達時間のご指定や、商品をお手元に届ける配送事業者の態度も通販事業者さまの責任となりかねません。

JPメディアダイレクトは日本郵便の物流スキームを活用することで、そのノウハウをもとに商品の保管からフルフィルメント(パッケージング、ラベリング、梱包作業、配送)までのプロセスを、責任を持って管理いたします。

物流拠点フルフィルメント提供 配送インフラ

物流フロー構築

プロモーションプラン決定

通販サイトの準備とともに、並行してサイトへの集客のためのプロモーションプランの検討が必要です。ネット通販においては、直接的にサイト誘引が図れるネット広告が重要ですが、相乗効果を得るためにはダイレクトメールの適切なタイミングでの利用も大切な要素となり得ます。
JPメディアダイレクトでは、日本郵便で培われたダイレクトメールのノウハウやサービス、電通グループのWEBマーケティングのスキームやメソッドを融合し、一味違うコミュニケーションプランを提案します。適切なタイミングとターゲティング、さらにはトリガー(きっかけ)となるコンテンツを考慮し、カスタマージャーニーにおける、どのポイントでどのようなコミュニケーションを選択するべきか、JPメディアダイレクトにご相談ください。

  • web広告
  • ターゲティングDM
  • テレビ・ラジオ・
    新聞広告

通販の売上を増やしたい

インターネット上に既に通販チャネルを持つ企業は、商品のコモディティ化、プロモーション施策の競争や商品サイクルの短命化などの課題から脱却し、いかに競合商品との差別化を図り、自社商品のポジショニングを獲得するかといった問題に直面しています。
JPメディアダイレクトでは、既に通販サイトを始められている企業に、競合優位を獲得するためのCRMやブランディングを軸とした戦略策定から施策の実施までをワンストップでサポートします。

既存データ分析(データドリブン・マーケティング)

既存のチャネルにおける販売データや競合情報を分析します。顧客の行動トラッキング情報をもとに、ターゲットのペルソナを策定し、コンタクトポイントの見直し、商品販売の季節変動や商品の購買傾向、それに基づくターゲット属性の再確認、分析、地域性の有無などを可視化し、伝わる情報としてのコンテンツ、顧客とのエンゲージメントを強化するCRM手法、差別化するための企業・商品のブランディングの必要性やその勝ちポイントなどを検討します。
また、データをデジタル化し一元管理することにより、データドリブンな施策の準備を行います。

顧客データ・EC販売データ > 現状把握・分析 < 阿久津

エンゲージメント構築フロー策定データの一元化によりデータドリブンを加速

戦略決定

データ分析から得られたファインディングスをもとに、ターゲットの態度変容のプロセスを可視化したカスタマージャーニーマップを策定。
既存顧客の育成戦略と、顧客ロイヤル化、マーケットの拡大を狙った新規顧客開拓戦略を併せて策定し、KPIを設定します。

ブランドプロミス設定・ペルソナ設定 > カスタマージャーニーマップを策定

既存顧客育成・新規顧客開拓戦略を決定KPIを設定

コミュニケーションプラン実施

通販サイトに集客すべく、Web広告、ダイレクトメール、SNS、ほか広告施策などのコンタクトポイントを連携してキャンペーン、季節変動、イベント、アニバーサリーを考慮した年間のコミュニケーションプランを策定します。
マーケティングオートメーションツールの選定や導入支援もJPメディアダイレクトが得意とする領域です。

年間の施策プラン決定

コミュニケーションプラン実施

レスポンス分析

戦略策定時に設定したKPIをもとに成果を確認します。収集したデータをもとにAIや統計解析を用いたレスポンス分析を行い、その結果を即時にコミュニケーションプランに反映し、ネクストアクションを決定します。
さらにPDCAを実践していくことで、最適化を目指します。

AI・統計解析によるレスポンス分析 → PDCA

サービスに関するご質問ご相談を承ります。

お問い合わせ